盛岡タイムス Web News 2016年  1月 14日 (木)

       

■  小岩井農場 初の雪像制作見送り いわて雪まつり 暖冬で異例の事態 滑り台などで30日開幕 


     
  露出した地面が見える会場正面ゲートの制作用やぐら  
  露出した地面が見える会場正面ゲートの制作用やぐら
 

 雫石町丸谷地の小岩井農場まきば園で開かれる第49回希望郷いわて雪まつりの実行委は13日、全12基の雪像を全て制作しない方針を固めた。滑り台スロープ、かまくらなどは同園の草地などから雪を集め制作する。雪像制作を行わないのは、約50年の歴史を持つ岩手雪まつりで初めて。2007年の第40回岩手雪まつりで雪像の規模縮小はあったが、岩手の冬の風物詩に雪像がない異例の事態となった。

  同実行委は8日の雪像制作開始式で、雪像の規模縮小か制作中止を13日に判断すると発表。制作を開催に間に合わせられる同日まで、降雪と気温低下を待っていた。同日同園で報道機関非公開の会議を開催。氷点下の冷え込みが続いたが、降雪が少なく今後も難しいと判断し、雪像を制作しない方針を決めた。

  今後の天気予報でもまとまった降雪が期待できず、開催までに雪像制作に必要な約40aの降雪があっても制作は行わない。降雪があった場合は、子どもたち向けの雪遊びの場を作る考え。雪像制作に使うやぐらは撤去し、協力する陸上自衛隊岩手駐屯地第9特科連隊に今後の予定を説明。同まつりのプログラムは30日の開催までに変更を行うなど、調整を行うとした。

  方針決定について雫石町長の深谷政光実行委会長は「自然条件のことだが、残念。雪まつりの雪像を楽しみにしていた来場者も残念だと思うが、仕方のないことだと思う」と無念さを募らせた。

  第49回希望郷いわて雪まつりは「夢ロマンいわて宝島」をテーマに、30日〜2月7日の9日間開催する予定。県の冬季観光最大のイベントとして県内外に定着している。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします