盛岡タイムス Web News 2016年  4月 5日 (火)

       

■  〈詩人のポスト〉 「老いても」糠塚玲



目が悪くなったら
人工レンズととりかえる
環境が悪くなったら
ボルトを入れる

色々な部品で
人は体を修理しながら
生きていく

本当の自分と
どこか違っていても
友達はつき合ってくれる

元の自分である部分と
人工の部分と
調和させながら
もう少し生きてみたい

こんなに
あちこち
ガタガタになった体なのに
生きたい自分て何だろう
いとしくて
優しくしてあげたい



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします