盛岡タイムス Web News 2016年  8月 31日 (水)

       

■  台風10号が岩手に上陸 太平洋側から観測以来初 沿岸部中心に暴風雨 避難指示も 国道106号落石で通行止め


     
  盛岡市渋民の玉山総合福祉センターに避難し、テレビの台風情報を見詰める住民=30日午後4時  
  盛岡市渋民の玉山総合福祉センターに避難し、テレビの台風情報を見詰める住民=30日午後4時
 

 強い台風10号は30日午後6時前、大船渡市付近に上陸した。県内では同日、沿岸や県北などで大荒れの天気となった。県県土整備部によると、盛岡市と宮古市を結ぶ国道106号のJR山田線陸中川井駅そばで落石があるなど複数で通行止め、岩泉町と結ぶ国道455号で落石や倒木などで通行が規制された。宮古市など沿岸では50年に一度の記録的な大雨が観測され、沿岸部では避難勧告・指示も出た。盛岡市内でも住家などで被害が起きた。盛岡地方気象台は台風通過後の31日も土砂災害や洪水について引き続き警戒するよう呼び掛けている。

  気象庁によると、太平洋側からの台風上陸は1951(昭和26)年の観測開始以来、初めて。上陸直前まで台風の接近につれ、沿岸部などを中心に荒れ模様が強まった。盛岡市中心部では時折り雨足が強まったものの、上陸前後で台風の影響による荒れ模様には至らなかった。

  30日午後6時40分現在、1時間降水量の最大は宮古、久慈市下戸鎖で同5〜6時台の80_で、いずれも両地区の観測史上最大を記録。宮古では瞬間最大風速が同5時59分に36・1bと8月の観測史上最大を記録した。

  県は、29日夜に設置した災害警戒本部を30日午前10時に災害特別警戒本部、午後1時に災害対策本部へ移行。盛岡地方気象台や陸上自衛隊、国交省岩手河川国道事務所などと合同で情報の収集・共有を図った。

  盛岡市によると、市は午前10時16分に大雨、洪水、暴風の各警報発表に伴い災害警戒本部を設置。午後1時に同市繋、猪去、浅岸、手代森、乙部、大ケ生、玉山地域の薮川、大台、松内、小袋、芋田向に避難準備情報を出し、開設した最寄りの避難所15カ所への避難を促した。

  避難対象2512世帯6410人に対して、午後5時現在17世帯30人が避難した。最も避難者が多かったのは同市渋民の玉山総合福祉センターで7世帯12人だった。

  同市内における同6時現在の被害状況は、倒木により国道455号早坂トンネルの市側で片側交互通行とされた。ほか同路線の薮川外山地内と玉山川又地内でも発生。玉山下田と渋民字渋民の住家2棟で風により屋根が飛ばされた。ほか渋民運動公園そばの鶴飼橋で倒木の危険があり通行止めとされた。

  盛岡地域のほか7市町でも避難準備情報を出し、日没や雨足が強まる前の早めの避難を促した。滝沢市、紫波町、矢巾町では災害警戒本部を災害対策本部に切り替え、対応した。避難者数は午後6時現在、八幡平市が26人、滝沢市が21人、雫石町が11人、紫波町が11人、矢巾町が3世帯4人などだった。

  道路関係の影響については、国交省三陸国道事務所によると、宮古市内の国道45号の2カ所が道路の冠水に伴い午後5時45分から全面通行止めとされた。県県土整備部によると、国道106、455号も落石や倒木などが複数で発生し、通行規制が敷かれた。

     
  台風のため閑散とする盛岡市大通(30日午後6時45分)  
  台風のため閑散とする盛岡市大通(30日午後6時45分)
 


  同部によると、県管理の道路(3桁国道含む)については倒木の恐れがあったり、土砂崩落の危険性を踏まえて午後3時現在28路線31カ所が全面通行止めとされた。危険箇所については随時拡大された。盛岡地域では盛岡市の盛岡大迫東和線、雫石町の県道西山生保内線や国見温泉線、同町と矢巾町にまたがる矢巾西安庭線などが規制された。

  県教委によると、午後5時現在、県内の小中学校、高校、特別支援学校全576校のうち臨時休校が213校、午前・短縮授業が327校あった。午前8時現在、県内公立幼稚園全49園のうち16園が休園、12園が短縮授業などとされた。

  県によると、滝沢市の県立大は午後3時で休校、矢巾町の県立産業技術短期大学校は終日休校とされた。雫石町の県営屋内温水プールは臨時休館、同町内の県立御所湖広域公園乗り物広場は朝から閉園とされたが、管理事務所にスタッフが夕方まで待機した。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします