盛岡タイムス Web News 2016年  9月  15日 (木)

       

■  交通死亡事故6カ月ゼロ 盛岡市 県警本部長から称賛状


     
  死亡事故ゼロ6カ月達成の称賛状を受け取る谷藤裕明市長  
  死亡事故ゼロ6カ月達成の称賛状を受け取る谷藤裕明市長
 

 盛岡市は8日で、交通死亡事故ゼロ6カ月間を達成した。同市では2016年3月7日に同市下厨川地内の国道4号で発生して以来、交通死亡事故ゼロが継続中。称賛状伝達式が14日、盛岡市役所で行われ、堀誠司県警本部長名の称賛状が照井光弘盛岡東警察署長から谷藤裕明市長に手渡された。同市で6カ月間ゼロが続くのは09年5月以来。

  伝達式で、谷藤市長は「警察当局はもちろん、交通安全に関わる関係者の皆さんの多大なる協力、市民の意識が活動を通じて高まってきているものと思う。これからも継続して死亡事故ゼロにつながるよう努力していきたい」と話した。

  朝夕の通学路での指導などを行っている熊谷春夫市交通指導隊長は「6カ月というのは盛岡市内においては達成するのが大変なこと。去年があまりにもひどかったので、今年はぜひ12月まで、このままの状態でいきたい」と死亡事故ゼロの継続を誓った。

  照井署長は「警察の活動のみならず、交通安全の協力団体、行政の協力活動があってのたまもの。幹線道路があるのにかかわらずの達成は奇跡に近い。これから薄暮期を迎え、夕暮れ時の事故が多くなるので、市当局、交通安全協会等協力機関の力添えでゼロ更新を一日も長くできるように取り組みたい」とした。

  8月31日現在の市内の交通事故は発生件数419件(前年比48件減)、死者1人(同9人減)、傷者517人(同42人減)。県内の交通死亡事故による死者が前年比4人増の50人と増えている中で、幹線道路を多数抱える同市としては少なく推移している。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします