盛岡タイムス Web News 2016年  10月  2日 (日)

       

■ 実りの盛岡市農業まつり 中の橋たもと 広域まるごとフェアも

     
  冷えたリンゴジュースに笑みを浮かべる来場者  
 
冷えたリンゴジュースに笑みを浮かべる来場者
 


 第30回盛岡市農業まつり(主催・同まつり実行委員会)が2日まで、盛岡市の中の橋下の中津川河川敷で開催している。同市内丸のもりおか歴史文化館周辺で開催の「もりおか広域まるごとフェア」と併せ、多くの人でにぎわいをみせている。

  同農業まつりは2016年で30年の節目。同市と玉山村の合併10年も記念し21団体20ブースが出展した。

  新規参加の盛岡りんごハイボール推進委員会は、7月にお披露目したハイボールやリンゴジュースなどを用意。1日は日差しが強く、冷えた飲み物を求める人が見られた。このほか、県食肉事業協同組合連合会のもりおか短角牛無料振る舞い、盛岡地方しいたけ生産振興協議会の生シイタケなどが好評を博した。

  まるごとフェアには盛岡広域圏から23事業者が出展。1日は国体開会式の中継も行われ、農業まつりと交互に回る人が見られた。

  家族で訪れた盛岡市の澤田奈津美さん(29)は「初めて来たが、知らなかった食べ物や店があって楽しかった」と両祭りを楽しんだ。

  午前10時〜午後3時まで。まるごとフェアは午後3時半まで。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします