盛岡タイムス Web News 2017年  2月  24日 (金)

       

■  〈もりおかデジカメ散歩〉2554 「早春賦」佐藤勝洋


     
   
     

 「早春賦」佐藤勝洋、盛岡市黒石野

  【撮影の狙い】節分を境に暦の上の季節は春に移る。水面に張りつめていた氷も解け始め、心なしか水鳥のよろこびが伝わってくる。春の予感すれども、頬に当たる風は冷たく、寒い日はまだまだ続く。「春は名のみの風の寒さや…」早春賦の歌の一節が思い浮かぶ。

(立春の頃、盛岡市松園)



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします