盛岡タイムス Web News 2017年  4月 25日 (火)

       

■  若者の“人生”サポート 盛岡駅前にセンター開設 もりおかユースポート 利用登録すでに40人


     
   明るい雰囲気が保たれているもりおか若者キャリアサポートセンターのフリースペース(右が加藤理事長)  
   明るい雰囲気が保たれているもりおか若者キャリアサポートセンターのフリースペース(右が加藤理事長)
 

 NPO法人もりおかユースポート(加藤源広理事長)は2017年度、新たな若者支援の拠点としてもりおか若者キャリアサポートセンターを盛岡市盛岡駅前通16の15、保科済世堂ビル3階に開設した。15歳からおおむね40歳までの若年無業者(ニート)などを対象に、就労準備支援事業などを展開する。24日に現地で開所式が開かれ、所長も務める加藤理事長は「若者支援は地域福祉。私たちは社会の側に立たず利用者の側に立ち、一対一で接したい」と抱負を語った。

  開所式には福祉関係者ら約20人が出席。加藤理事長が施設の概要などを説明した。「若者の働く、活きる、参加する、を応援する」を合言葉に、ボランティア活動や職場体験、キャリアプランニング、コンピューターの使用講座などの就職支援を展開する。居場所の提供を目的に、フリースペースも設けた。「キャリア」という言葉を、「仕事を中心とした人生そのもの」と捉え、就業支援のみならず高校中退者や中退を考えている生徒からの相談、学習支援にも応じる。若者支援の理解を広めるため、一般向けの講演会の開催も予定している。

  広さは約100平方b。当面はスタッフ3人で運営する。3日に運営を始めており、すでに約40人の利用登録を受け付けた。フリースペースも、延べ100人ほどが利用しているという。

  同法人は12年に立ち上げ。13年度から4年間はもりおか若者サポートステーションを運営するなど、継続的な若者支援を展開してきた。17年度は運営から外れたものの、若者支援の拠点が必要だと考え、独自でのセンター開設に至った。

  利用には登録が必要。来所前に電話かメールで予約し、スタッフと利用者の話し合いで支援計画を作成する。

  時間は午前9時半から午後5時まで。相談対応は平日の午前10時から午後4時、フリースペースは火曜から金曜の午前10時から午後4時まで開放する。5月からは第2、第4火曜日のフリースペース開放時間を同8時まで延長する予定。

  問い合わせは電話625―8460、電子メールmail@morisapo.jpまで。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします