盛岡タイムス Web News   2017年 11月  10日 (金)

       

■  比嘉賢伸君が仮契約 盛岡大附 巨人から育成1位指名で


     
  仮契約を結び、柏田スカウトと笑顔を見せる盛岡大附の比嘉君  
  仮契約を結び、柏田スカウトと笑顔を見せる盛岡大附の比嘉君
 

 プロ野球セ・リーグの読売ジャイアンツから今年のドラフト会議で育成1位指名を受けた盛岡大附属高の比嘉賢伸君(3年)が9日、盛岡市内のホテルで球団と交渉し、入団に合意した。同日中に仮契約を結んだ比嘉君は「いよいよプロ野球選手になる。心の準備が徐々にできてきた。まずは支配下登録を目指し、一日一日努力する」と語った。

  2年夏から甲子園に3季連続出場。3年夏には4番で主将としての重責を背負いながら本塁打も放った。「プレーでは同じ高卒でプロに入った坂本勇人選手(巨人)が目標。創志学園出身の高田萌生選手は高校時代に対戦したが、巨人ではチームメートになるので一緒にプレーするのが楽しみ」と話した。

  高校3年間を過ごした岩手に対しては「大阪出身だが、岩手で成長した。人生で最も内容の濃い3年間だった。プロでも高校3年間で学んだことを出し、プレーで勇気を与えられる選手になりたい」と語った。

  球団からは柏田貴史担当スカウトが出席。「甲子園という大舞台でしっかりと力を出した打撃が魅力で、華がある選手」と評価。「プロでは思う通りにいかないこともあるが、比嘉君の力があれば大丈夫。いつか道はひらけるので、頑張ってほしい」と激励した。

  契約には父の武博さん(47)も同席。「育成契約ということで、正式なスタートラインではない。これからもけが無く頑張ってほしい」と期待した。

  年俸230万円、支度金200万円(いずれも推定)で、背番号は未定。22日に正式契約を結び、23日に東京ドームで開かれるファンイベントに参加する。2018年1月に入寮し、新人合同自主トレを経て、キャンプインを迎える。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします