盛岡タイムス Web News   2017年  12月  31日 (日)

       

■  冬の青空に光るリンク 県営スケート場 歓声上げて滑走


     
  多くの家族連れなどでにぎわった県営スケート場  
  多くの家族連れなどでにぎわった県営スケート場
 

 各学校が冬休みに入り、行楽地やスポーツ施設で子どもたちの楽しむ声が響いている。毎週土曜日は中学生以下の入場料、貸靴料が無料となる盛岡市みたけの県営スケート場には30日、多くの親子らが訪れ、青空の下でスケートを楽しんでいた。

  同日の盛岡市は晴天が広がり、絶好のウインタースポーツ日和。子どもたちは元気にリンク上を滑り回り、氷の感触を楽しんでいた。三角コーンを頼りにしたり、保護者に手を引かれたりと、思い思いの方法で練習。屋外で滑る爽快さに、歓声を上げた。

  神奈川県横浜市から訪れた石川征樹君(6)は「去年もスケートをした。今年もうまく滑れて楽しかった」、盛岡市の小笠原多映ちゃん(5)は「初めてスケートをした。怖かったけど、ちゃんと滑れてよかった。またスケートをしたい」と話した。

  県営スケート場の休場日は毎週月曜と31日、1月1日。冬休み期間中(1月16日まで)の営業時間は、火曜から土曜は午前10時から午後8時、日祝日は午前10時から午後6時まで。1月2、3日のみ午前10時から午後6時までの営業となる。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします