盛岡タイムス Web News   2018年  2月  1日 (木)

       

■  テニス男子国別対抗戦デビス杯 盛岡であす開幕 岩渕監督「いつも以上の力を」 日伊チーム会見 きょうドロー抽選会


       
   日本代表の注目選手として杉田祐一の名を挙げたコラド・バラズッティ監督 「目の前の試合に全てを尽くす」と語る岩渕聡監督  
   日本代表の注目選手として杉田祐一の名を挙げたコラド・バラズッティ監督
「目の前の試合に全てを尽くす」と語る岩渕聡監督
 

 2日から4日まで本県で初開催されるテニス国別対抗戦「デビスカップ」のワールドグループ1回戦、日本対イタリアのプレドロー会見は1月31日、会場となる盛岡市本宮の盛岡タカヤアリーナで開かれ、両国の監督が抱負を語った。日本代表を率いる岩渕聡監督は「イタリア戦は大きなチャレンジ。メンバーはイタリアの方が格上だが、選手たちは大きな声援の下、いつも以上の力を発揮してくれると思う」と述べた。

  日本代表は、ATP世界ランキング(29日時点)シングルス41位の杉田祐一(29)、同100位のダニエル太郎(24)、同159位の添田豪(33)、ダブルス36位のマクラクラン・ベン(25)、同122位の内山靖崇(25)の5選手の出場が発表されている。

  「全員がしっかり戦える選手を選出した」と自信を見せる岩渕監督。「盛岡は会場を含め、温かく迎えてくれた。準備に応えるいい試合をしたい」と力を込めた。

  対するイタリアは、シングルス22位のファビオ・フォニーニ(30)、シングルス46位のパオロ・ロレンツィ(36)、シングルス79位のトーマス・ファビアーノ(28)、シングルス78位のアンドレアス・セッピ(33)、ダブルス168位のシモーネ・ボレリ(32)の5選手が出場予定。

  コラド・バラズッティ監督は「日本はいいチームであり、デビスカップは何が起こるか分からない。非常に難しい試合になる。盛岡のテニスファンに多く来場してもらい、心から楽しんでほしい」と話した。

  1日はドロー抽選会が盛岡市内で開かれる。2日は午前11時45分から開会式とシングルス2試合、3日は午後1時からダブルス1試合、最終日の4日は正午からシングルス2試合が行われる予定。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします