盛岡タイムス Web News   2018年   4月  19日 (木)

       

■  ここだけでILCが分かる 子どもら見学可能 県がオープンラボの開設式 クライオモジュール(つくば市のKEKから)展示


     
  クライオモジュールの実機について解説する吉岡教授(手前)  
  クライオモジュールの実機について解説する吉岡教授(手前)
 

 県が県先端科学技術研究センター(盛岡市北飯岡2丁目)に設置した岩手ILC連携室に、高エネルギー加速器研究機構(KEK、つくば市)で使用された国際リニアコライダー(ILC)の心臓部「クライオモジュール」が常設展示された。これを踏まえ、本県の加速器関連産業集積促進と研究開発機能強化に加え、県民や子どもの学習の場となるようオープンラボを開設。18日、現地で開設式があった。ILC建設実現の機運醸成にも一役買うことが期待される。

  クライオモジュールは超伝導加速空洞試験設備(STF)用で、地下トンネルに設置され、宇宙誕生の謎を探るため各種試験に用いられる。長さ約6b、直径約1bの円筒形の構造。内部に電子や陽電子を加速させる加速空洞(同じく展示)がつるされ、実験が行われる。

  展示されているのは、KEKが約10年前に造った初号機。現在使われているクライオモジュールは長さが12・5bあり、重さが10dになる。

  開設式はKEKの吉岡正和名誉教授を迎え、千葉副知事や県関係者、県内の関係市町やいわて加速器関連産業研究会の関係者らが出席。クライオモジュールの除幕が行われ、吉岡教授による解説、現在進行中の加速器関連産業のプロジェクトが紹介された。

     
  オープンラボの開設式  
 
オープンラボの開設式
 


  千葉副知事は「KEKの協力によりILCの中核部品であるクライオモジュールの実機を展示するなど、新たな拠点施設として充実強化する。実際にKEKの実験で使用されていたもので、つくばを訪問しなくても研究開発に取り組める場所として大いに活用してもらいたい」と呼び掛けた。

  県は今回、2016年6月開設の連携室を「ここ1カ所でILCの全てが分かる施設」として拠点機能を強化。県民や子ども向けにILCや加速器に関する各種情報を展示した。

  佐々木淳県政策地域部科学ILC推進室長は「ILCは一般的には分かりにくい施設で効果も理解しにくい。本物の装置に見て触れてイメージを作ってもらい理解や活用について発展させる第一歩の機能を用意した。子どもには未来の新しい技術を想像する基盤として、夢をより具体的に発揮できるようになれば」と見学を促す。

  一般の見学は説明員を手配する関係で、希望日の1週間前までに申し込むこと。加速器関連産業の研究開発などは随時行われる。

  申し込みは団体・担当者名、連絡先、人数、希望する説明内容を記載して電子メールまたはファクスで。

  問い合わせ・申し込みは、いわて産業振興センターものづくり振興部(電話019―631―3825、ファクス019―631―3830、電子メールkenkyu@joho-iwate.or.jp)へ。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします