盛岡タイムス Web News   2018年   4月  20日 (金)

       

■  滝沢市役所前ルート復活 チャグ馬保存会 今年は6月9日に行進


     
  2018年のチャグチャグ馬コ行進のPRポスター  
 
2018年のチャグチャグ馬コ行進のPRポスター
 

 チャグチャグ馬コ保存会(会長・谷藤裕明盛岡市長)の2018年度総会は19日、盛岡市勤労福祉会館で開かれた。18年の馬コ行進は6月9日に実施。参加頭数は、装束馬、役員馬合わせて例年並みの約80頭を予定する。

  行進ルートは、2011年の東日本大震災津波の発生に伴い、警察の人員確保などの関係で滝沢ニュータウンを通るルートへ変更されていた。18年は、ビッグルーフ滝沢の完成や道路拡幅などが終了したことを受け、従来通りの滝沢市役所、滝沢市商工会館前を経由したルートへ戻す。これに伴い、行進の距離は約13・4`から約1`増となる。

  18年度事業計画では、新規として6月2、3日に開催される東北絆まつりへの派遣を予定する他、チャグチャグ馬コふれあいの日(盛岡競馬場)への派遣を継続する。チャグチャグ馬コを後世に残すため、委員会を設置しチャグチャグ馬コ振興計画を策定する。

  馬資源の確保のため購入した繁殖牝馬2頭を飼養、種付けしながら、所有馬管理委員会を開催し、繁殖牝馬2頭の産駒についてチャグチャグ馬コ同好会会員へ譲渡することで、行進行事への参加頭数増加に努める。保存会所有馬2頭のうち、釈競は17年6月に種付けし、現在妊娠中で5月上旬に出産予定。

  同日は17年度事業報告・収支決算、18年度事業計画・収支予算、18年度チャグチャグ馬コ行進コース、役員改選の4議案を審議し、いずれも承認した。役員改選では、谷藤会長、副会長の柳村典秀滝沢市長、高橋昌造矢巾町長を再任した。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします