盛岡タイムス Web News   2018年   7月  15日 (日)

       

■ 県中総体開幕 全力プレー真夏の熱戦 16日まで9市3町で 開会式で中野さん(盛岡河南)宣誓

     
  県中総体の中央開会式で宣誓する盛岡河南3年の中野舞さん  
  県中総体の中央開会式で宣誓する盛岡河南3年の中野舞さん  


 第65回県中総体(県中体連主催)の中央開会式は14日、ソフトテニス競技の会場となっている盛岡市上太田の太田テニスコートで開かれた。大会は16日までを主会期に、県内9市3町で17競技を行う。県内各地区の予選を突破した中学生たちが、全国大会、東北大会出場を懸け、熱戦を繰り広げる。

 中央開会式には、ソフトテニス競技の選手、役員ら約870人が出席。選手を代表し、中野舞さん(盛岡河南3年)が「県大会に出場できることに、喜びと誇りを感じている。周囲の全ての方々に感謝し、最後まで120%の力を出し切り、元気に爽やかにプレーすることを誓う」と宣誓した。

  大会会長の大林裕明県中体連会長(下小路中校長)はあいさつで「皆さんはこの大会への出場を目標として、仲間とともに厳しい練習に耐え、たくさんの努力を重ねてきたことと思います。各地区の代表としての誇りを胸に、思う存分力を発揮してほしい」と選手を激励した。

  ソフトテニス競技は16日まで実施。14日は個人戦、15、16日は団体戦が行われる。

  今年度の県中総体には県内156校から7886人が出場。盛岡地域では、水泳(14〜16日。盛岡市総合プール)、ハンドボール(14〜16日。盛岡タカヤアリーナなど)、体操(14、15日。県営体育館)、新体操(15、16日。県営体育館)、相撲、(16日。県営武道館)が行われる。柔道は7月7、8日に県営武道館で実施済み。

  夏季競技の東北大会は7月末から8月初旬にかけ、東北各地で開催。本県は陸上(8月7〜9日。北上総合運動公園陸上競技場)、ソフトテニス(8月6〜8日。太田テニスコート)の開催地となっている。夏季競技の全国大会は8月17日から25日まで、中国地方(岡山県、広島県、山口県、島根県、鳥取県)で開催される。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします