盛岡タイムス Web News   2018年   7月  26日 (木)

       

■  NPOの多彩な活動紹介 28、29日体験WS アイーナでN活フェア


     
   アイーナ6階ラウンジで開かれているN活フェア、28日と29日は体験ワークショップも  
   アイーナ6階ラウンジで開かれているN活フェア、28日と29日は体験ワークショップも
 

 県内のNPOの活動について広く紹介する「N活フェア2018」が盛岡市盛岡駅西通1丁目のいわて県民情報交流センター(アイーナ)6階で開かれている。NPO活動交流センター(関幸紀センター長)の主催。2期に分けて各団体の活動を展示紹介する他、28日と29日は楽しい体験ワークショップも行われる。

  同センターによると、県内で認証を受けているNPO法人は492団体。同センターに登録し活動しているのは、法人格がない団体も含め346団体に上る。夏のN活フェアは活動を広く知ってもらい、団体同士が交流するきっかけにもしようと昨年に続き企画した。

  活動紹介展示は6階ラウンジで第1期が31日まで。参加団体は▽県国際交流協会▽岩手PHP友の会▽NPO法人accommon▽いわてアサーティブの会▽盛岡ハートフルカウンセリングセラフィ▽菊の会―の6団体。

  第2期は8月1日から同8日までで▽三陸春風の会▽NPO法人ゴーフォワードジャパン▽クリニカルアートをすすめる会岩手―の3団体が展示を予定している。各団体のブースでは活動の様子をまとめた資料や作品などを展示し、取り組みへの理解と参加をアピールしていた。

  同センターで活動するNPOによる体験ワークショップは28日が▽スポーツ吹矢▽パステルどうぶつぬり絵▽健康太極拳▽レザー加工機でオリジナルスタンプ作り―など。29日が▽紙から作るランプシェード▽プラ板や貝殻を使ったモビール作り▽民族衣装試着▽コミュニケーションカフェ―など。その場で参加でき、三つ以上のワークショップに参加した人には参加賞も準備している。

  同センターの高橋知子さん(45)は「県内で活動する多くのNPOを知ってもらいたい。ワークショップは夏休みの自由研究や工作にも役立つ盛りだくさんの内容。ぜひ、親子で足を運んでほしい」と呼び掛けていた。

  展示は午前10時から午後4時まで。ワークショップは団体によって開催時間や参加費がそれぞれ異なる。詳しくは同センター(電話019―606―1760)へ問い合わせを。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします