2019年
10月17日(木)

おかげさまで創刊50周年

最新記事

矢巾町 協定に基づき普代村へ 台風19号被災で支援 職員と町民が物資、泥出し

2019-10-17

 本県沿岸部をはじめ、東日本の広範囲に甚大な被害をもたらした台風19号。矢巾町では台風通過直後の14日、被災した普代村に支援物資を発送。15日からは職員らが現地で復興支援に当たっている。
全文を読む

動物園などで高度医療 獣医師らがチーム 全国へ派遣 「どうぶつ医師団」創設

2019-10-16

 国内の中小規模の動物園、水族館では獣医師の不足、情報や技術の不足などを背景に、飼育動物の診療や治療に苦慮している現状がある。貴重な飼育動物に、より質の高い医療を提供するため、獣医師らによる動物園水族館動物医療チーム「未来を創るどうぶつ医師団」が10月4日に創設された。同医師団では、今後、要請のあった全国の動物園や水族館に医師を派遣し、治療を支援する他、大学や学術団体と連携して獣医師の人材育成を図っていく。盛岡市動物公園で15日、記者発表が行われ、創設の経緯や活動理念などが示された。
全文を読む

42組が熱いステージ きょうまでおでってで 中津川べりフォーク

2019-10-14

 第20回中津川べりフォークジャンボリー(同実行委員会主催)は13、14の両日、盛岡市中ノ橋1丁目のプラザおでって・おでってホールで開かれている。県内外の42組が出演し、中津川が流れる市の中心部で熱い演奏を繰り広げている。
全文を読む

過去のトピックス