2019年
12月13日(金)

おかげさまで創刊50周年

最新記事

融雪装置15日運用へ 「こまち号」車両へ自動化 JR田沢湖線大釜駅に新設 さらに安全安定な輸送

2019-12-13

 JR東日本盛岡支社(石田亨支社長)は15日から田沢湖線大釜駅で、新設した融雪装置の運用を開始する。これまで人力で行われていた秋田新幹線「こまち号」の除雪が自動化され、安全性や着雪対策の向上、作業効率化が期待される。12日には使用開始前試験の様子が報道陣に公開された。
全文を読む

正しいケア 盛岡で広めたい 「爪切り屋」ときいろ・ねいる もりゼミ初参加の店

2019-12-12

 盛岡市内の専門店がプロの知識や生活に役立つ情報を無料で教えるミニ講座「第12回もりおか街なかゼミナール(通称もりゼミ)」が22日まで、市内31店舗で開かれている。初登場は4店舗。9日には、1月に本格開業した「『爪切り屋』ときいろ・ねいる」(同市仙北)が「今こそ知ろう!正しい爪切り」と題して開講。33年間の看護師経験を持つメディカルフットケアワーカーの中村晴美代表(53)が医療現場での症例などを例示しながら、歩行障害や病気を防ぐ爪と足のセルフケアの方法を教えた。
全文を読む

もちもちおいしいね 「銀河のしずく」試食会 徳田小

2019-12-11

 「銀河のしずく」給食試食会は10日、矢巾町西徳田の徳田小(鎌田達也校長、児童175人)で開かれた。同町の主催。3年生が生産者らと会食し、町内で生産された本県ブランド米「銀河のしずく」が引き立つ給食を味わった。
全文を読む

過去のトピックス