2007年 2月 3日 (土) 

       

■  ファル滝沢ニュータウン店が3月末で閉店へ 従業員40人の再就職先探す

     
  3月末で閉店するファル滝沢ニュータウン店  
 
3月末で閉店するファル滝沢ニュータウン店
 

 滝沢村鵜飼笹森のファル滝沢ニュータウン店が3月末で閉店することが分かった。建設から18年を経過した店舗の老朽化に加え、店舗面積の関係から消費者ニーズに応える品ぞろえができなくなったことが要因という。

  同店を経営するユニバース(本部八戸市、三浦紘一社長)の関係者が2日、滝沢村役場を訪れ、閉店の経緯を説明した。村商工観光課によると、生鮮品などを扱っている店舗と同一敷地内にある衣料品を扱っている店舗の2棟ともにすべて撤去する。跡地については現段階では決定していないが、宅地に転換することを考えているという。

  従業員約40人の多くがパート従業員で再雇用先として盛岡地区内の4店舗と今年7月に滝沢ニュータウン北口に開店を予定するマイヤへ採用することで話し合いを進めている。

  村側では従業員の雇用や生活品の購入など住民の生活にも直結することからなるべく長く営業してほしい旨を要請した。 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします