2009年 1月 19日 (月)

       

■  〈トシコズ・ドリーム〉1 照井顕 開運の橋を渡る

     
   
     
  ジャズ日本列島唯一「日本ジャズ専門店」のドデカイ看板を掲げたのは78年。国民的歌手・千昌夫の故郷陸前高田でだった。五木寛之氏の小説「海を見ていたジョニー」にちなんで名付けた音楽喫茶「ジョニー」は75年のオープンでしたが、「外盤」(外国人が演奏した)レコードをすべて売り払っての再出発。

  日本のジャズとともに育っていきたいと願い、ライブ活動に精を出し、東京中心に活動しているプロ演奏家たちを、毎月何度か陸前高田へ呼び続けること20年。その間に30タイトルほどのレコードを制作。時には野外での超大型「日本ジャズ祭」なども企画主催。その活動がピークに達したとき、赤字も膨大となり、ライブコンサート活動に終止符を打った。

  ところが翌年から、あの「世界のアキヨシ」さんが、火事場にバケツで水を掛けるようなものでしょうが「気は心」「ご奉公に伺います」と言って、何度もジョニーにやってきて、ピアノ演奏をプレゼント。97年には、陸前高田市の宣伝ウーマンとして、陸前高田ふるさと大使まで引き受けてくれたのでした。

  01年、春。その陸前高田ジョニーは、友人からの懇願により箱(スペース)を引き継ぐ形で、盛岡の開運橋通に、自分と店の名前を移転した。最初の1年間は陸前高田方式で、東京のミュージシャンを中心とした。2年目からは、県内と地元盛岡のミュージシャン中心へと、夢の地産地翔型へ方向転換した。

  それならばと、地元の元プロK氏が率先し、第1土曜のジャムセッションを企画。そこへ演奏場所がなかった、かつてのバンドマンや学生たちや個人が参加し、いくつものグループが生まれ、毎月レギュラー出演できるまでになり、それぞれのファンが聴きに来る。

     
   
     
  最近では遠方からのお客様もだいぶ多くなった。それというのは、やはり「生きたジャズの伝説」こと穐吉敏子さんが「愛して毎年のようにライブをする盛岡開運橋のジョニー」として多くのマスコミが取り上げてくれたことによる。

  (開運橋のジョニー店主)

 ◇略歴◇
  昭和22年(1947年)平泉町生まれ。県立高田高校定時制卒。昭和50年(75年)陸前高田市に音楽喫茶ジョニーを開店。2年後に「日本ジャズ専門店」とする。これまでに「日本ジャズ祭」をはじめ、千数百回のコンサートを県内外でプロデュース。著書に「ジャズ喫茶ジョニーの洗濯」「ジャズ物語・瑠璃色の夜明け」など7冊。レコード、カセット、CDなどのプロデュース。作品は40タイトルを数え、自ら時折シンガーソングライターとしてステージに登る。写真展・数十回、書展・十数回を開催し、FM岩手では85年の開局時より、現在もオールザッド・ジャズのパーソナリティーを務めている。01年、盛岡市にジョニーを移転し、現在「開運橋のジョニー」とし、生演奏を中心としたジャズスポットとして全国的に知られている。また生演奏と間違うほどのリアルな真空管ステレオ装置の音のライブ感も一聴に値すると、もっぱらの評。

(毎週月曜日掲載)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします