2009年 2月 16日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉5 照井顕 幻の朝日ソノラマ

 穐吉敏子さん(ジャズピアニスト)の1963年盛岡公演のパンフレットをぼくに見せてくれて、コピーまで取らせてくれた冨田健治さんが、次に開運橋のジョニーへやってきたのは1カ月後の08年11月13日のことだった。

  「照井さん、きょうはいいものを持ってきました!」と言ってぼくの前に差し出したそれは、何と「穐吉敏子リサイタル」と書かれた、昭和36年(1961年)3月10日発売の「朝日ソノラマ・レコードブック」、いわゆる当時本屋さんで売られていた、ソノシート盤のレコード。

  ジャズ誌などに載っていた写真では見てたし、LP盤や、CD盤に復刻されたものは持っているが、ソノシート盤で実際に手にして見たのは初めてのこと。感激に震えながらページをめくって見ていると、冨田さんは「ぼくが持っているより、照井さんが持っていた方がいいと思うので差し上げます!」と言った。

  「あらえびす館でのジャケット展にも、これは展示されていなかったので、もしかすると持っていないのではないかと思いまして…」と。ぼくは本当にうれしかったし、ありがたかった。

  朝日ソノラマのオリジナルソノシート盤というのは、穐吉敏子さんが1956年に米国バークリー音楽院に奨学生として渡米して以来、5年ぶりの初帰国公演のときの録音盤なのである。

  曲は「黄色い長い道」「ソルヴェージ・ソング」「木更津甚句」「ディープ・リバー」の4曲で、当時のソノシート盤はほとんどがEP盤と同じ大きさの17aの片面プレスでヘナヘナとした薄いシートなのだが、これは、ソノシートとLPレコードの中間ぐらい。

  とはいってもソノシートに近いのではあるが、多少厚くて両面に2曲ずつプレスされているところからも、ソノシートといわず、レコードブックと当時表示していたもので、その厚さの分、音質的にも少しはLPに近いよい音だし、保存状態も最高でした。

  本の巻末には63・3・28・サワヤと鉛筆書きがしてあった。冨田さん本当にありがとう。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします