2009年 5月 8日 (金)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉316 佐々木康宏 旅の友駅弁

     
   
     
  鉄道の旅の友と言えば駅弁だ。盛岡駅2階北側のみどりの窓口の斜め向かいに駅弁の売店がある。ここで駅弁を購入し、快速「はまゆり」号のリクライニングシートに座れば、既に旅気分だ。

  いざ買うとなればどれにしようかと迷うが、今回買った駅弁は南部いなか御膳1000円。日本レストランエンタプライズ製造。県内産素材を多用した地産地消の弁当だ。「いわての食財岩手県認証」のシールが張ってある。

  ごはんは岩手県産ひとめぼれ、県産いわいどり、三陸産のサケやコンブ、県産和牛を使っている。流れる車窓を眺めながら、弁当のふたを開け、はしをつける。(その前に写真を1枚撮っておき記録する)

  こういうシーンの座席はボックスシートかリクライニングシートに限る。ロングシートではこうはいかぬ。きょうは列車に乗るのが目的だ。

(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします