2009年 10月 1日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉佐々木康宏 銀河ドリーム号

     
   
     
  「銀河ドリーム」号が9月22、23日、盛岡〜釜石に釜石線経由で運転された。

  DE10型ディーゼル機関車けん引で24系24型寝台車を座席扱いで運転。電源車1両に寝台車が4両連なり、5両とも白帯車でそろえられた。

  盛岡〜花巻はDE10プッシュプルけん引となった。プッシュプルとは編成の前後に機関車を連結して運転する形態。わが国では珍しい。先頭の機関車が汽笛を吹鳴すると後部の機関車が汽笛で応えるので、汽笛は2回聞こえる。

  盛岡から釜石線に直通する場合、花巻で列車の進行方向が変わる線形だ。そのため花巻で機関車の付け替え、機回しを省略するためこの方式が採られたのだろう。

  釜石線内は1両のDE10がけん引。列車が盛岡駅のホームに据え付けられると発車までは撮影タイムとなる。一般乗客は列車を背景にして人物を入れて撮るのに対して、レールファンは編成写真など車両そのものが撮影対象で列車の前から後ろまでじっくり撮影する。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします