2009年 10月 21日 (水)

       

■ スズランノキ色づく 盛岡市上田の正覚寺で

     
  正覚寺の庭に色づいたスズランノキ  
 
正覚寺の庭に色づいたスズランノキ
 
  盛岡市上田2丁目の浄土宗正覚寺(柴内興信住職)の庭でスズランノキが色づいている。ツツジ科の耐寒性落葉高木で、季節の寒暖に強く、夏にはスズランに似た白い花が穂のように連なって咲く。秋にはバイオレットの紅葉が美しく、温暖な地域でも色づきやすい。北米を原産地とする世界3大紅葉樹のひとつ。

  正覚寺では庭の真ん中に約2bほどまで育ち、庫裏からも本堂の中からも見ることができる。同寺の柴内節子さんは「スズランノキが紅葉したところはあまり見たことがないと珍しがられます」と話し、季節感を楽しんでいる。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします