2009年 12月 24日 (木)

       

■ 〈北Gのライブトーク〉119 北島貞紀 CD「蔵」完成ライブ

 11月から12月にかけて、CD「蔵」の完成記念ライブを盛岡市内で3回開催した。いずれも思い出深いものとなった。

  第1回目は菜園の喫茶ブルーメ。05年の春に始まったこのライブ、1年に2回開催してきて、今回がちょうど10回目。1枚目のCD「アフタヌーン・ティ」も2枚目の「サンデー・モーニング」も、最初のお披露目はここから始まった。

  だから今回も、ぜひここからスタートしたいと思っていた。ライブ日程を決めたのは10月初めで、録音が始まったばかりだった。スケジュール通りにゆけば、余裕で間に合うはずだったが、作業が遅れなんと、ライブ当日に出来上がった。

  第2回目は、開運橋のジョニーで開催。現在の活動の原点はここから始まった。

  04年の正月だったと思うが、今のトリオのメンバーらとセッションをした。それがきっかけとなってバンドを組み、その後、毎月第2土曜日を定例ライブとして続けさせてもらっている。そんな中から、1枚目のCDが生まれた。店主の照井顕さんに、とても温かいライナーノーツを書いていただいた。それほど言葉を交わすわけではないが、僕たちの軌跡をしっかり見つめ、声援を送っていただいているように感じる。

  最後は、盛岡劇場タウンホールでの「もりげきライブ」。こちらの方は、この「もりげきライブ」自体が180回目にあたるという、二重にメモリアルなものになった。月1回の開催で15年間、1度も途切れることなく続いてきた。関係者の尽力に敬服する。

  いずれの会場も満席近くうまり、盛況に終えることができた。当日足を運んでくれたお客様はもちろんのこと、会場の提供や運営に携わる人たち皆さんの協力によって、ライブの開催が可能になる。みなさん、どうもありがとう!

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします