2010年 2月 9日 (火)

       

■ 県予算は6987億6700万円 6.1%増の積極編成

 県は8日、10年度当初予算案を発表した。一般会計は6987億6700万円となり、前年度当初比399億3千万円、6・1%増の積極予算となった。前年度を上回るのは2年連続。臨時財政対策債を含め実質的に地方交付税が大幅増となるなど財源確保が図られ、久しぶりの大幅増になる。国の公共事業が削減される中、単独事業を増やすなど普通建設事業全体で前年度同水準を確保し、冷え込む地域経済の下支えに努める。単年度収支を見るプライマリーバランス(PB)は臨時財政対策債の増額から引き続き赤字となり276億円の赤字。県債残高は約1兆4700億円と過去最高と見込まれ、県民1人当たりの「借金」に換算すると前年度より2万円増の106万3千円となる。

  新年度予算を達増知事は「希望維新〜希望郷いわて元年予算」と位置づけ、厳しい経済・雇用情勢や地域医療の維持・確保など諸課題への対応、新しい長期計画のいわて県民計画に基づく希望郷いわての実現に向けた事業を盛り込んだ。

  旧実施計画の希望創造プランを受け継いだアクションプランの最終年度となるため、これまでの取り組みの総仕上げを重視しながら、積極的に事業を展開する姿勢を示した。このため予算規模は大幅増となるが、県債発行は臨時財政対策債が大幅に増額されたものの、県として管理可能な県債に限っては前年度より発行額を抑制。PBも前年度より赤字を41億円縮小するなど、将来負担が軽減されるよう、財政の健全化に向けた取り組みにも十分配慮したという。

  厳しい財政状況に変わりはないが、将来の財政健全化を考慮しつつ「県民の暮らしや仕事を守るため今やるべきこと、やれることは積極的にしっかりと取り組むこととした」としている。 

  政策的には長期計画に位置づける緊急な重要課題に対応し、雇用の創出と就業の支援、地域の保健医療体制の確立、県民所得につながる地域経済の活性化、人口の社会減への歯止めなどの施策に重点配分。4月に移行する4広域振興局体制の機能を発揮するよう配慮した。

  普通建設事業費は1094億9400万円で前年度より0・3%減。国の公共事業予算が18・3%の大幅減となる中、地域経済の下支えのため前年度当初予算並みの規模を確保。直轄事業は173億3千万円の23・1%減に対し、県単独事業は315億6700万円で5・8%増となった。

  国庫補助事業が605億9700万円で5・5%増となったのは、県境不法投棄現場再生事業の財源が国庫補助制度に変わるため、単独から補助に30億円程度が移行したことによる。

  普通建設事業費のうち公共事業は890億3800万円で4・3%減だが、補助、単独の県事業は717億800万円で1・7%増。このうち補助事業は485億8200万円で8・4%減、単独事業は231億2600万円で32・4%増。単独事業は県が政策的に約22億円を増やしたほか、国からの事務費交付が廃止になったため補助事業から振り替えられた影響でも約26億円増えている。

  直轄事業では国営土地改良事業費負担金が26億6400万円減の46億8700万円となり、直轄道路事業費負担金も16億3900万円減の58億9300万円となった。

  補助事業でも道路改築事業が17億6400万円減の45億7千万円、経営体育成基盤整備事業が10億5600万円減の54億8400万円と大幅に減る一方、緊急地方道路整備事業は14億8700万円増の55億700万円となったほか、単独枠でも10億9100万円増の32億900万円となった。地方特定道路整備事業も7億4400万円増の31億7700万円となっている。

  県ではこれから編成する09年度2月補正予算案で数十億円の事業実施を予定。公共事業などでは新年度当初予算での措置を前倒しした次年度への繰り越し事業も見込まれ、厳し経済・雇用情勢に対応した切れ目のない事業供給に配慮する。

  達増知事は「厳しい財政の中でも県民一人ひとりが勇気と希望を持ち、未来に向け力強く歩み出すことができるような積極的な予算。達増県政の志向やアイデアを(過去の編成予算以上に)盛り込むことができた」と予算編成を総括。

  「財政の健全性をこれ以上悪化させない配慮はしている。PBの悪化も臨財債が増えたのが基本的な理由。使うものが多くなったから赤字が増えたということではない。論理的には使うものを減らして過去の借金を減らす方に回すことがあり得るが、今はそこに力を入れるよりも県民の暮らしや仕事の現場を少しでも良くしていくことに力を入れる予算となっている」と話している。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします