盛岡タイムス Web News 2011年 4月 18日 (月)

       

■ 〈昭和30年代〜ぼくの東京〉藤田祐二郎 孟宗竹とタケノコ 

     
   
     
  東北の篠竹しか知らなかったので、孟宗竹の林とタケノコを初めて見たときには、その大きさ、太さには驚いた。この太さなら「かぐや姫」がいても不思議ではないと納得できた。タケノコを取らしてもらったが、大きいのばかりを取って皮を剥(む)いたら、もうほとんど竹になっていて食べられない。コツは土から少し突き出たのが良いのだそうだ。中にはタケノコを専門に育てている林があり、人の出入りができないように保護をしている。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします