盛岡タイムス Web News 2011年 6月 23日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉426 在来線特急やまびこ

     
   
     
  1982年6月23日に東北新幹線盛岡〜大宮間が開業し、新幹線「やまびこ」が登場した。盛岡〜上野間在来線特急「やまびこ」はその前日をもって廃止となり、翌日から新幹線昇格となった。

  特急「やまびこ」は1965年東北本線盛岡電化時に50ヘルツ用483系交直流電車で登場。当初はボンネット型の先頭車だった。のちに50ヘルツ60ヘルツ両用の485系も運用される。先頭車のクハ481には貫通型の200番台、非貫通型の300番台、4つライトの1500番台も使用され、形態のバラエティーがあった。写真は1500番台の「やまびこ」、1982年の撮影。盛岡にて。廃止目前のころ。隣の貨物列車の冷蔵車の姿も懐かしい。

  停車駅は盛岡〜仙台間では花巻、北上、水沢、一ノ関、小牛田、仙台とこまめにとまり、仙台以南は福島、郡山、宇都宮、大宮に停車した。食堂車サシ481、全室グリーン車サロ481を組み込んだ12両編成で運転していた。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします