盛岡タイムス Web News 2011年 12月 26日 (月)

       

■ 街にクリスマスの音楽 肴町商店街をラッパ隊が行く

     
  ホワイトクリスマスに行われたラッパ隊のパレード  
 
ホワイトクリスマスに行われたラッパ隊のパレード
 
  ホワイトクリスマスとなった25日、盛岡市肴町のホットラインサカナチョウでは、恒例の肴町ラッパ隊による演奏パレードが行われた。サンタクロースなどにふんした10人の隊員らがサクソフォンやトロンボーン、太鼓などを持ち登場。360bのアーケードを、クリスマスの曲をメドレーで軽快に演奏しながらパレードした。

  途中、沿道の子どもたちに「メリークリスマス」と声を掛け、菓子をプレゼント。もらった杜陵小4年の浦田夏希ちゃんは「とてもうれしい。肴町に来て良かった」と笑顔だった。滝沢村の川前保育園年長の猿舘芽唯ちゃんは「チョコレートがいっぱい入っている。家に帰ってから食べる」と大喜び。

  この日は、一日中凍てつく寒さ。ラッパ隊員の1人繁田秀一繁田園社長は「この寒さの中を来てもらいうれしい。子どもたちの笑顔が一番。みんな音楽のプロでないけど一生懸命に練習した。みんなで何かをやることが大切」と話していた。

  サンタの衣装でサクソフォンを演奏した佐藤誠司さんは盛岡商工会議所職員。この日はボランティアでの参加。「5年ほど前から手伝っている。きょうはとても寒く、うまく吹けるか心配したが、どうにか役目は果たせたようだ。ホワイトクリスマスに子どもたちへ、ささやかなプレゼントもできてうれしい」と演奏を終えて、ほっとしていた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします