盛岡タイムス Web News 2015年  9月 19日 (土)

       

■  はつらつ仲間と勝利へ 盛岡市小学校球技大会 サッカー、ミニバスで

 

     
  仲間と勝利を目指しプレーした球技大会のミニバスケットボール  
  仲間と勝利を目指しプレーした球技大会のミニバスケットボール
 

  第41回盛岡市小学校球技大会(市小体連主催)が18日、開催された。今年も男子はサッカー、女子はミニバスケットボールで仲間とともに競い、勝利を目指しプレーした。

  大会は渋民体育館と市アイスアリーナ、盛岡体育館、北松園小体育館でミニバスケットボールが、盛岡南公園球技場でサッカーの試合が開催された。盛岡市上田の盛岡体育館では、女子ミニバスケットボールの第3、4ブロックの試合が行われた。選手たちは仲間の声援を受け、大会に向け積み重ねた練習の成果を存分に発揮していた。

  第4ブロックの第1試合、仙北対中野は26―17で仙北が勝利。仙北の熊谷美咲キャプテン(6年)は「第3クオーターで逆転し、そのままの勢いで勝つことができた。大会に向け、ハンドリングやシュートを重点的に練習してきた。優勝が目標なので、絶対に負けないという気持ちをもってこの後の試合も戦う」と語った。

  第3ブロック第2試合は、月が丘が21―17で土淵に勝った。月が丘の春日美月キャプテン(6年)は「今年の月が丘は、みんなで積極的に攻めて、みんなで頑張って守るチーム。まず一つ勝つことができてうれしい。去年はブロックの決勝で向中野に負けてしまったので、今年はその向中野に勝って優勝したい」と決意を話していた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします