盛岡タイムス Web News 2015年  11月 2日 (月)

       

■  遠野3―0で3連覇 高校サッカー県大会決勝 盛岡中央ゴール割れず


     
  後半4分、ヘディングシュートを放つ盛岡中央の藤井(中央)  
  後半4分、ヘディングシュートを放つ盛岡中央の藤井(中央)
 

 第94回全国高校サッカー選手権大会岩手県大会(県サッカー協会など主催)は1日、盛岡市永井の盛岡南公園球技場で決勝戦が行われた。3年ぶり2度目の優勝を目指す盛岡中央と、選手権3連覇を狙う遠野が対戦。試合は遠野が3―0で勝ち、3年連続25回目の優勝を果たした。

  序盤から互いに中盤で激しいプレーを見せ、一歩も譲らない展開が続く。均衡が破られたのは前半28分。盛岡中央は自陣左サイドでボールを失い、窮地を迎える。ゴール前に送られたパスはキーパーの白澤峻平(2年)が1度弾くも、こぼれ球を遠野の佐々木琢光(2年)に押し込まれ、先制を許す。

  前半で何とか同点としたい盛岡中央は30分、藤井敦成(2年)が相手守備の裏に抜け出し決定的なシュートを放つも、遠野のキーパー菊地将大(2年)に阻まれる。攻め込みながら得点が奪えない盛岡中央は37分、またも佐々木に得点を奪われ突き放される。これ以上離されるわけにはいかない盛岡中央はその後、遠野の攻撃を跳ね返し、2点差で前半を終える。

  後半も盛岡中央は相手守備の裏へ長いボールを入れ、藤井が前線で体を張り得点を狙う。しかし強風により精度を欠き、攻撃に迫力が生まれない。後半27分、遠野の岩渕弘人(3年)のシュートが決まり点差は3点に。何とか追いつきたい盛岡中央だが、最後まで遠野伝統の堅守を崩し切ることはできなかった。遠野は2002年から04年までの盛岡商以来となる選手権3連覇。

     
  準優勝の賞状を受け取る舘主将  
 
準優勝の賞状を受け取る舘主将
 


  盛岡中央の舘尚斗主将(3年)は「遠野の方がこぼれ球への反応や球際の強さなど、技術ではなく準備の部分で抜け目がなかった。0―2で前半を折り返したが、まだ行けると後半に臨んだ。この大会は3年間やってきたことをすべて出そうとチームがまとまって臨めた。3年間楽しかったので、仲間にはありがとうと伝えたい。今年は決勝で負けてしまった。後輩にはこの上しかない。絶対に勝って、全国に行ってほしい」と話していた。

  小原祐一監督は「今の3年生は3年前の優勝を見て、ピンクのユニホームを着てもう一回全国に行きたいと盛岡中央に来てくれた子たち。今年に入り、ぐっと成長した。試合には負けたが、彼らの成長には満足している。下を向く必要のない戦いをしてくれた。1、2年生にはこの悔しさを忘れず、来年ここ(決勝)に来て1番を目指してほしい」と語った。

  優勝した遠野は12月30日から2016年1月11日まで埼玉スタジアム2002など首都圏各地で開催される全国大会に出場する。
(佐々木貴大)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします