盛岡タイムス Web News 2015年  11月 24日 (火)

       

■  J3グルージャ 鳴尾体制にフィナーレ サポーター前に胴上げ 福島に3―1で勝利 松田・谷村弾で最終戦飾る


     
  試合後、選手に胴上げされる鳴尾監督  
 
試合後、選手に胴上げされる鳴尾監督
 

 明治安田生命J3リーグ第39節、グルージャ盛岡対福島ユナイテッドFC戦は23日、盛岡市永井の盛岡南公園球技場で行われた。盛岡は地元出身の松田賢太、谷村憲一が得点するなど優位に試合を進め3―1で勝利。今季最終戦を白星で飾った。今季の通算成績は8勝17敗11分けで、勝ち点35。順位は、昨シーズンの5位を大きく下回る11位だった。

  今シーズン限りでの鳴尾直軌監督の退任が発表されている盛岡。盛岡の選手たちは白星で監督を送り出そうと、序盤から攻守両面で積極的にプレーを繰り広げ、主導権を握る。

  試合が動いたのは前半16分。盛岡は谷村からのパスを高橋悠馬がゴール前に落とし、走り込んだ松田がキーパーをかわし、左足でゴールを決めた。勢いに乗る盛岡は続く18分、ショートカウンターから谷村が高瀬証とのパス交換で抜け出し、右足で豪快にシュートをたたき込んで2点差とする。守ってはキーパーの横山卓司を中心に粘って福島の攻撃を跳ね返し、2―0で前半を折り返す。

  後半の立ち上がりも盛岡が攻勢に出る。後半6分に左サイドの畑本時央がゴール前にクロスを上げると、またも松田が混戦から右足で決め、3点差に突き放す。終盤に足が止まり始めた盛岡は何度も窮地に追い込まれ、ついに同40分に失点。2点差まで追い付かれるも、その後の反撃をしのぎ切り、リーグ戦で3試合ぶりの白星を挙げた。

     
  前半16分、相手キーパーをかわし先制点を決める盛岡の松田(8番)  
  前半16分、相手キーパーをかわし先制点を決める盛岡の松田(8番)
 


  試合後のセレモニーで、鳴尾直軌監督は「サッカーを通じていろんな意味で皆さんに感動を与えたいと頑張ってきたが、逆に皆さんからいただく感動の方が多かった。グルージャ盛岡の監督をして幸せでした」とあいさつ。鳴尾コールの中、臼井康雄球団社長から花束が手渡された。1765人のサポーターの前で選手に胴上げされ、涙ぐむ場面もあった。松田主将はセレモニーで「苦しい中でも、応援してくださった皆さんに感謝の気持ちばかりです。来シーズンはさらに飛躍できるよう、上を向いて臨みたい」と語った。

  前半の2点に絡んだ谷村は「今シーズンは攻撃ではいいところは出せた。きょうもフォワードでの出場だったので、本職のボランチで試合に出られるよう成長したい」と話していた。

  観戦したサポーターの菅原一夫さん(38)は「選手やスタッフにとっては苦しいシーズンだったと思う。それでも、僕らは応援し続ける。来シーズンは監督も変わる。今シーズンは失点後など、下を向いてしまう場面が多々あったので、チームとしてひたむきに前向きにプレーしてほしい」と期待した。
 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします